読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちくま日記

2児の子育てに奮闘する、働くママのライフハックブログです。

It's a SONY展に行ってきた感想

こんにちは。yukkoです。

今年最大の寒波が来ているようなのですが、
夫の趣味に付き合い、銀座のソニービルで開催されている『It's a SONY展』へ行ってきました。

正直あまり興味がなかった機械音痴の私ですが、
「やっぱり日本のモノづくり凄いな!」と思わせられました。

いつの時代にも、自分の生活のすぐそばにSONYがありました。

f:id:uchikuma:20170115170145j:plain

2017年4月1日ソニービル解体へ

ソニービル開業から50年の節目の年となる今年2017年より、ビルを解体し、
7年がかりの大型プロジェクトが始動します。

その名も「ソニーパークプロジェクト」。

2018年夏に、この地は建物を建てず、様々なイベントを行うイベントスペース“Park”となるそうです。


そしてその後2020年秋より新たなソニービルの建設が始まり、
2022年開業を予定しています。

 

東京2020オリンピック・パラリンピックなどのイベントも数多く執り行われそうですね。

 

時代を支えた数々の名品たちに出会える

先にお伝えしたように、機械音痴のyukkoですが、
展示を見ていると機械に疎い私の30年間の生活の中でも
様々な場面でSONYは活躍していたんだってことが実感できました。

SPEEDが好きで、毎日使っていたMDウォークマンをみたときは
学生時代の懐かしい感覚が蘇ってきましたよ…。

実家のどこかにまだ残っているかもしれない。

 

夫が食い入るように見つめ、懐かしがっていたのが
パソコンのVaioでした。

夫は今最新のVaioを使っていますが、自分が初めて会社を立ち上げた当初のVaioを見つけ懐かしくも切ない気持ちになったそうです。

 

It's a SONY展に来ている人たちはそれぞれの思い出に浸っているようでした。

やっぱり日本のモノづくりを牽引してきたSONYはすごい!
またどんな面白いものを作ってくれるのか楽しみです。